「永久脱毛」と聞くとどのようなイメージ?

あなたは「永久脱毛」と聞くとどのようなイメージをしますか? きっと、多くの方が「一生毛が生えてこない状態」を想像するのではないでしょうか。しかし、実際には少し違います。

 

永久脱毛とは毛周期を考慮した一定期間後、発毛率が減少していることを指しているので、生えてくる可能性はあります。

 

「え?じゃぁ脱毛する意味がないじゃない」と思った方、ご安心ください。永久脱毛を行う事で毛が生えてくる可能性はほとんどなくなります。もし生えてきたとしてもうぶ毛のような細い毛です。

 

現在、永久脱毛と呼ばれるのは、脱毛施術から6ヶ月後に毛が生えてこない状態のことをいいます。

日本で認められているのは、出力の高い医療レーザー脱毛のみとなっていて、クリニックや医療機関でしか受けることはできません。

 

しかし、アメリカで永久脱毛と呼ばれるのは、脱毛施術をしてから1ヶ月後の時点で、脱毛箇所の毛の再生率が20%以下であれば良いとされています。

 

この定理を用いれば、日本の脱毛サロンでのフラッシュ脱毛には永久脱毛は不可能といわれていますが、アメリカでは永久脱毛と呼べるのかもしれませんね。

 

永久脱毛と宣伝していいのは医療機関で行われる脱毛だけですが、どちらにしろ永久脱毛ができているのかいないのかは、時間が経ってみないと分かりません。

 

施術後しばらく毛が生えていなくても、数年後に生えてくるかもしれませんし、永久に生えてこないかもしれません。しかし、「永久脱毛」を求めるのであれば、医療機関でのレーザー脱毛を選択してください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ