医療脱毛で麻酔を使用

髭脱毛をお考えの男性のみなさん。
髭脱毛って痛いってご存知でしたか?
最近では、「痛くない」と謳っているサロン等もありますが、これは嘘か出力数が低すぎて脱毛効果が低いかのどちらかです。
髭は体毛の中でも特に濃く、太い毛なので、どうしても脱毛時にはやはり痛みを伴ってしまいます。
では、一体どのくらい痛いのでしょうか?
髭脱毛には、光脱毛、ニードル脱毛、医療脱毛の3通りがあります。
この中でも、特に痛みが少ないのは光脱毛になりますが、それでも痛みが強くて耐えられないと答える方もいらっしゃいます。
よく、レーザー脱毛の痛みを言葉に例えると、「ゴムで弾いた感じ」と答える方もいらっしゃいますが、実際はそんなもんじゃないと答える方が多数のようで、髭脱毛にはかなりの痛みを伴うことが分かります。
痛みの感覚は人それぞれだと思いますが、痛みを言葉で表現するならば、「ゴムで弾かれる感じ」よりも「毛抜きで髭を抜く時の倍の痛み」と心得ておく方が良いと思います。
ですから、髭脱毛をお考えの方は、まずは毛抜きで髭を抜いてみてください。
その痛みが余裕であれば、光脱毛なら余裕で耐えられるかもしれませんし、痛すぎて耐えられないのであれば、医療脱毛で麻酔を使用して行う方法を選択するといいと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ